くらし もっと自分らしく YLIY magazine by TRUST DESIGN

05

「温」めて、「知」る。

イリーマガジン 第五回トップ画像
安田美沙子・テイクフィジカルコンディショニングジム 長谷川聡・ハイトラスト 坂口祐司安田美沙子
                ・テイクフィジカルコンディショニングジム 長谷川聡・ハイトラスト 坂口祐司

武豊を支える超一流のトレーナーが登壇

働き盛りの皆さまは、そして、子育て奮闘中の皆さまは、まだまだ無理の効く年齢と自分自身を鼓舞し、仕事や家事に全身全霊を注ぐ日々を送られているのではないでしょうか? トラストデザインが発行するイリーマガジンは、自分のことなどは二の次、三の次で、毎日、毎日、愛する家族のために身体を酷使する皆さまには、お住まいの中に、健康面、肉体面、精神面から状態を整える、『コンディショニング空間』が必要なのではなかろうか、と考えるにいたりました。そこで、ゲストにお迎えしたのが、テイクフィジカルコンディショニングジムの代表、長谷川聡さん。今回は、日本テレビ系の教育バラエティ番組、『世界一受けたい授業』でも教鞭を執ったど偉い先生と、『コンディショニング上手な家』を想像&創造していきます。

武豊を支える超一流の
トレーナーが登壇

働き盛りの皆さまは、そして、子育て奮闘中の皆さまは、まだまだ無理の効く年齢と自分自身を鼓舞し、仕事や家事に全身全霊を注ぐ日々を送られているのではないでしょうか? トラストデザインが発行するイリーマガジンは、自分のことなどは二の次、三の次で、毎日、毎日、愛する家族のために身体を酷使する皆さまには、お住まいの中に、健康面、肉体面、精神面から状態を整える、『コンディショニング空間』が必要なのではなかろうか、と考えるにいたりました。そこで、ゲストにお迎えしたのが、テイクフィジカルコンディショニングジムの代表、長谷川聡さん。今回は、日本テレビ系の教育バラエティ番組、『世界一受けたい授業』でも教鞭を執ったど偉い先生と、『コンディショニング上手な家』を想像&創造していきます。

武豊を支える超一流のトレーナーが登壇
対談する安田美沙子と長谷川と坂口

家づくりの明日をリードする
坂口も会員に

坂 口—早速ではございますが、京都の文化や産業にゆかりの深い方々を招いてトークを繰り広げるイリーマガジンは、本日、右京区西院寿町に来ております。先生、よろしくお願いします

長谷川—『家づくり』をテーマとした媒体と聞いております。お役に立てるかわかりませんが、よろしくお願いします

安 田—武豊さんが総合プロデューサーを務められるジムに来られて嬉しいです。よろしくお願いします。えっと、おふたりは先生と呼ばれる間柄なんですか?

坂 口—そうなんです。こちらがオープンした当初からお世話になっているんですが、わたしにはちょっとサボりグセがありまして(笑)

長谷川と話す安田美沙子

トレーナー&セラピストは
理学療法士ダラケ!

長谷川—いえいえ、ずいぶんとお忙しくされているでしょうし……

坂 口—わたしはスポーツ選手のコンディショニングを一般の方へ提供、一般の方と共有したいという、こちらのコンセプトに惹かれたんですが、合ってますか(笑)

長谷川—だいたいは(笑) 補足しますと、われわれが既存のジムと違うのはコンディショニングに理学療法技術を用いているところです。『すべての人が社会の中のアスリートである』をモットーに、競技生活、日常生活に有効なコンディショニングを目指しています

安 田—ウィメンズヘルス専門の女性スタッフも勤務されているそうで、京都に住んだら絶対に会員になりたいです

テイクフィジカルコンディショニングジム 長谷川聡

冒頭で、長谷川さんをテイクフィジカルコンディショニングジムの代表とシンプルに紹介しましたが、実は、理学療法士のほか、人間・環境学博士、京都大学医学研究科プロジェクト研究員、JARTAメディカルアドバイザーなど、幾多の肩書きを有する京都の賢人。ジムには『可動域を広げる』、『動きの質を変える』ための最新マシンを厳選。

冒頭で、長谷川さんをテイクフィジカルコンディショニングジムの代表とシンプルに紹介しましたが、実は、理学療法士のほか、人間・環境学博士、京都大学医学研究科プロジェクト研究員、JARTAメディカルアドバイザーなど、幾多の肩書きを有する京都の賢人。ジムには『可動域を広げる』、『動きの質を変える』ための最新マシンを厳選。

長谷川さんが、京都大学医学部附属病院のリハビリテーション科に勤務していた2010年、3月27日に阪神競馬場で開催された毎日杯で起こった落馬事故。騎乗していた武豊さんは全治半年と診断され、リハビリを任されたのが長谷川さんでした。「左肩にプレートを入れた影響で、豊さんは、2、3ヶ月は腕を上げることもできなかったんです」と当時を回顧。その出会いから親交を深め、復帰レースから4000勝達成、また、今日までをサポートをしてくれた長谷川さんに「二人三脚でやってきた」と、レジェンド武豊さんも最大の賛辞を贈ります。そして、理学療法士によるコンディショニングの優位性を誰よりも知る武豊さんと長谷川さんが、ジム設立のプランを立てていたところに協力を申し出たのが、03号で取材に対応いただいたマツシマホールディングスさん。現在、テイクフィジカルコンディショニングジムはマツシマホールディングスのヘルスケア事業として展開されています。

マイホームにてマイフォームを客観視

坂 口—わたしのような屋外やジムでの運動をサボりがちな人間には、家にストレッチやトレーニングをするスペースがあればいいなと思うんですが、いかがでしょう?

長谷川—運動することを意識できるスペースがあればいいですね。我が家には、野球をやっている息子とクラシックバレエをやっている娘のための小部屋があります。ポイントは鏡を設置しているところですね

安 田—自分の姿を見ながら練習するんですか?

長谷川—その通りです。女優さんやモデルさんも、自分の姿を知ることは大事ですよね?

安 田—はい。スチールでもムービーでも映り方を知ることはとても大事です

大型鏡を置くだけで
そこはアスリート部屋

長谷川—坂口さんは野球部出身なのでお分かりになると思いますが、自分のフォームを自分が認識することって大事ですよね?

坂 口—はい。腕や脚がどのようになっているかは気になりますし、現役時代であれば、好不調のバロメーターにもなりますね

長谷川—ストレッチやトレーニングの場合は、効果を上げるため、ケガを防ぐための『正しいフォーム』というものが明確にありますんで、そのようなスペースを確保されるならば、鏡は必要欠くべからざるです

大型鏡を置くだけでそこはアスリート部屋
長谷川と安田美沙子の話を聞く坂口

安 田—初歩的ですが、前屈にしても膝が曲がっていないかなどのセルフチェックができますね

坂 口—お家時間が増えた昨今、鏡を貼るだけの簡易的なホームジムの需要は高まるかも知れません

長谷川—わたしは、子供の頃から、プロ野球選手になるのが夢でしたから、本当のところは、王貞治さんがバットと真剣を振った荒川道場のような部屋でもよかったんですが(笑)

坂 口—い草が擦り切れてささくれのできた伝説の畳部屋ですね

安 田—はいはい(笑) 元高校球児のふたりの野球談義はこれくらいで

笑顔の安田美沙子
和やかな安田美沙子と長谷川と坂口

しなやかな身体を育み
人生を謳歌

長谷川—ちなみに我々からすれば、坂口さんも立派なアスリートなんですよ

安 田—そうなんですか?

長谷川—はい。会社のリーダーとして健康に働き続けたいと願う方は、ビジネスの世界のアスリートです

坂 口—不摂生な生活を嘆いてばかりですが、ありがとうございます

安 田—まんざらでもなさそうですね(笑)

坂 口—では、リーダーたるそんなわたしが、健康に働き続けるために日頃から意識すべきことはなんでしょうか?

長谷川—まずは、しなやかな身体づくりですね。関節や筋肉の動かせる範囲、つまりは可動域を広げることで、肩こりやぎっくり腰といった厄介な身体のトラブルを未然に防ぐことができますし、趣味とされているゴルフのスイング改造にも功を奏すはずです

安 田—可動域が広がると、柔軟性が高まるだけでなく、脂肪細胞が活性化してダイエットにも効果があると聞きます

長谷川—おっしゃる通りで、例えば、肩甲骨の可動域が狭いと、背中に脂肪がつきやすくなります

坂 口—ぶっちゃけ、体重の増加も気になるところでして(汗) やはり、会社のリーダーとして責任を果たすためにも、先生にコンディショニングをお願いしないといけないですね

長谷川—我々のジムは、国家資格を有すトレーナーやセラピストが科学的根拠のあるサービスだけを提供します。まずはいま一度、姿勢・運動評価システムを用いて、坂口さんの身体を徹底的に分析させてください

真剣に話を聞く長谷川

あったかいんだからぁ♪
は正義

坂 口—フィットネスクラブやダンススタジオにあるような大きな鏡を設置した部屋は、新築でもリフォームでも弊社で対応させていただきますが、毎日、頑張る『お父さん、お母さんのコンディショニング』という観点から、さらに、助言はございますか?

長谷川—会員さまにも、しばしばアドバイスをすることなんですが、深部体温を上げていただきたいですね

安 田—身体の内部の温度ですね

長谷川—文字通り、身体の深い部分の温度を指し、通常は直腸や鼓膜の温度を測定します

安 田—女性の間でも、常日頃から身体を温める『温活』はちょっとしたブームになっていますよね

長谷川—ですので、ヒートショックや浴室熱中症にはくれぐれも注意をしていただきながら、ゆっくりとお風呂に入っていただければと思います

坂 口—そうなんですね。建築設計・デザイン・施工をワンストップで提供するトラストデザインといたしましては、思い切って、『コンディショニング空間=浴室』と考えましょうか。お客さまに、オーダーメイド設計をお任せいただけるのならば、ちょっと広めの脱衣所にちょっと大きな鏡があっても、コンディショニングという視点で一石二鳥かも知れません

安 田—身体を知り、身体を癒すことが、ひとつの場所で済むというわけですね

映画&音楽とハダカで
お付き合い

安 田—ゆっくりできるお風呂って、トラストデザインさんにお願いするとどのようなかたちになりますか?

坂 口—バスタイムをさらに心地よくするために、浴室テレビや浴室オーディオを導入したり、予算や土地に余裕があれば、家庭用のジャグジーやプライベートサウナを設置することもできますよ

安 田—お風呂に入りながら、映画や音楽を楽しむのってなんとも贅沢ですし、適切な長風呂で深部体温も上がりますね。保湿成分や美容エッセンスが配合されたリッチな入浴剤を選べば、お肌にだって潤いを与えられます

長谷川—心身ともにリラックスをして副交感神経の働きが高まると、眠りに入りやすくなりますので、坂口さんが提案されている浴室の機能は疲労回復にも有効かと

安 田—女性代表としては、ハーブやラベンダーのバスオイルもリラックス効果が高いと聞きますのでオススメです

坂 口—加えて、脱衣所のサイドにファミリークローゼットがあれば着替えもできますし、また、そこに椅子を置いておけばお化粧もできます。正しいフォームや姿勢を確認するための鏡は、工夫次第で姿見やドレッサーにだってなり得ます

安 田—もはや、この鏡は無限の可能性を秘めた鳥じゃないですか(笑) 大きい鏡で全身が見られるとなれば、ファッションセンスやメイクセンスまで磨けそう

長谷川—なるほど。美意識の高い女性は鏡をそのようにも活用されるんですね

安 田—でも、脱衣所の大きな鏡で真顔でポージングの練習をしていて、急に家族に扉を開けられたら、めっちゃ恥ずかしいですけど(笑)

キズナで広がる
イリーのネットワーク

坂 口—本日は、トップアスリートからの信頼も厚い先生ならではの、コンディショニングにまつわる貴重なお話をありがとうございます。ご教示いただいた『フォーム』と『深部体温』というキーワードは、トラストデザイン及びイリーマガジンのフィルターを通して、『脱衣所のちよっと大きな鏡』と『ゆっくりできるお風呂』へと変換させていただきました

長谷川—こちらこそ、ありがとうございます。その変換されたふたつがグラフィック化されるということで、仕上がりを楽しみにしています

安 田—東京で競馬番組のレギュラーを務めていた際に、武豊さんには非常にお世話になりました。本日は、テイクフィジカルコンディショニングジムで、競馬ファン垂涎の感動的なエピソードまで聞かせていただき、ありがとうございます 

長谷川—みなさん、ご縁で繋がっているんですよね。こちらも安田さんにお目にかかれて光栄です

坂 口—最後にいま、『京都に家を建てたい』と願われる世代こそが、仕事や家事で日々、お疲れモードなのかもと案じます。そのような方々に是非とも、『コンディショニング上手な家』をお届けし、活力モードのスイッチをお渡しすることができたなら、トラストデザインとしても喜ばしいことです。どうもありがとうございました






キズナで広がるイリーのネットワーク

YLIY style from vol.05

イリーマガジン パース画像(トラストデザインがつくる気分と体温をアゲる家)

トラストデザインがつくる気分と体温をアゲる家

坂口と安田のふたりしゃべりから始まったイリーマガジンも、いよいよ折り返し地点の6号目。そろそろお馴染みとなっているでしょう巻尾のパースのコーナーと相成ります。『京都に家を建てたい』人たちと、その夢を叶えるトラストグループとのご相談やお打ち合わせは、上にまとめたインタビューと同じように、会話を重視して進めます。お客様の希望や要望をゆっくりとじっくりと伺いつつ、要所要所で的確なアドバイスとご提案。何気ない雑談の中にも、我々、トラストグループは『家づくり』のヒントを探します。そのすべての情報を集約した上でご覧いただくのがこのようなパース。建築物を立体的にヴィジュアル化することで、『京都に立てる家』の完成の状態をクリアに把握いただきます。今回、出来上がったのは、専門家のアドバイスを踏まえ、浴室&脱衣所を頑張るあなたの『コンディショニング空間』に変えた家。それでは、アップデートでアゲアゲとなった『温と知の場所』のディテールに迫っていきましょう。

イリーマガジン パース画像(コスパに優れた1階とこだわり満載の2階)

誰にも邪魔されぬ究極の一人時間

ファミリークローゼットとの動線を確保した脱衣所の鏡の前で、むくみや冷え性の改善にも効果が期待できるという立木のポーズを決めたら、湯船に浸かって、お気に入りのテレビや映画を鑑賞。これぞ、イリー式のコンディショニング術です。

イリーマガジン パース画像(ハイセンスな意匠はプレゼントにも◎)

健康なあなたは長風呂をご褒美に

半身浴が身体によいと言われるのは、上半身への水圧の負荷が全身浴より少ないため。よって、心臓や肺の弱い方、高血圧の方に推奨される入浴の方法なんですが、長風呂が苦手という皆さまにも推奨。みぞおち程度の湯量がおすすめです!

イリーマガジン

なにを隠そう安田は、フジテレビ系の競馬番組に出演していたあの頃は、ミサミサの愛称で親しまれた競馬場やトレセンのアイドル。総合プロデューサーである武豊さんとも共演や取材を通じて交流があり、なんと、結婚式にはビデオメッセージまで頂戴したんだとか。また、ランニングをライフワークにしており、SNSでもたびたび走る姿を発信している安田は、目下、ニューヨーク発の話題のエクササイズ、ジャイロトニックで筋肉の強化とストレッチングを図っているそうで、賢人とのフォトセッションでは、いっそう引き締まったボディに大人マリンな衣装が映えていますね。

イリーマガジン
衣装協力
ririchuchu   capito